アメリカお知らせ世界一周

ヨセミテ散策~バーナルフォール編~

マイナス10度のヨセミテの夜を無事過ごし(夜中に寒くて何回も目が覚めたけど)朝を迎えましたー(*”▽”)

到着日は夕方だったこともあり、近くを少し歩いただけで終わりましたが、二日目の今日からは本格的に活動を開始です。

まずは、朝早く起きてヨセミテに生息している鳥でも撮影しようかなーと思い、とりあえずカメラなどを準備して出発するのでした。と、その前に前日熊ボックスに入れていたコーラを取り出そうと思い手を掛けたのですが・・・扉が凍ってて開かない(T_T)そりゃーマイナス10度だもんな。水分あったら凍るわ。まあ、ジュースならどこかで買えばいいや!とせっかく早起きしたので、出発です!

何という名前の鳥かは分からないけど、歩いていると何種類かの小鳥を見かけることができます。

この青い鳥はヨセミテ公園内の至る所で見ることができました。とても綺麗な色の鳥です。

宿から少し歩いた湿地から見た景色。朝日に岩山が照らされて綺麗でしたー。

これは何の鳥だろ。地味(笑)

こっちはさっきの青い鳥とは少し違う感じの鳥ですが、やっぱり地味(笑)やっぱり鳥はつまらない!ということで(鳥に対して失礼w)鹿とかいないかなーとちょっと山の方面に歩いてみたら

「ミスト・トレイル(Mist Trail)」入口の看板を発見。事前にネットでミスト・トレイルは気軽に登れるコースだというのを見た気がしたので、とりあえず行ってみるかーと進んでみます。
お、待てよ?まだ朝ご飯食べてないし、水も何も持ってないけど大丈夫かな?とはいえこの時まだ朝の7時。お店もやってないし、戻って待つのも面倒だ。軽いトレッキングなら大丈夫でしょ!ということで出発です!

まあ、トレッキングコースなんて平坦なもので、整備された道なのでサクサクいけます。

でかい岩。こんなの落ちてきたら死ぬなーなんて思いながら歩を進めます。

バーナルフォールの橋まで1.3km。やっぱり楽勝だな!滝の上まで行ったとしても2.4kmってことはこのまま滝の上まで行けると確信。ぐんぐん進みます。

朝は寒かったけど、歩いているのと、日が出てきたことであったかくなってきた。ダウンを着ていたので脱いでバックパックへ。

ちょっと山道になってきたあたりで、また気温が下がっているようで(というか日が当たらないからか)岩肌にはつららができています。

おっ!遥か遠くに見えるのがバーナルフォールだな?1.3kmの距離には見えないけど、実際歩いたらそんなもんなんだろう!さくっと終わらせて朝ごはん食べに行こう。

またでっかい岩!そしてすごい高さの所に落書きが。どうやって描いたんだろう(笑)(多分高さ3メートル以上はあります)

少し進むとバーナルフォールまで0.3の看板。これはマイル表記かな?メートル換算で480m。そんなに近いなー?と疑いが出てきます(笑)

ちなみにこの看板の所は分かれ道になっていて、もう一つの道には「ネバダフォール(Nevada Fall)」2.4の文字が。2.4マイルだとすると3800メートル。ってことはさっき見えてたのはネバダフォールってことか?バーナルフォールはまた別にあるのか!とここで気付き、とりあえず近いバーナルフォールを目指します。

見上げればこんな岩山。気づいたら結構上ってきたなー、というかもっと早く気付かなければならなかったのです。動いているから分からないけど、ここ結構寒い。そして周りは凍ってるところが結構あるぞ?

湧き出している水も凍る寒さ・・・。

ついに見えた!あれがバーナルフォールだな?でも写真では分かりにくいですが、この階段・・・凍っててツルッツルです(笑)滑って谷側に転んだら川に転落( ̄▽ ̄;)スパイクでも付いている靴じゃないととてもじゃないけどこれ以上は進めない!

すぐそこに滝が見えているのに、残念だけど無理して死んだら元も子もない。ここは直に諦めて先ほど看板があったネバダフォールでも見に行ってみるかーと引き返してルートを変更するのでした。

迫る岩肌。そして道はどんどん険しくなっていく・・・。反対にお腹はだんだん空いてくる。喉も乾いた(;´・ω・)あとどれぐらい登ればいいんだろう?という気持ちと、ここまで来たらあの滝を見るまで戻れないという葛藤が自分の中で戦います(笑)

気付けば周りは雪山。

積もっている雪を溶かして水が流れます。

あれ?道がなくなった、というか水が流れている。流れているというか半分凍ってる。道を間違えたかな?と思いながらも背伸びしてその先を見てみると

あれ・・・。一応道は続いているっぽい。でもこの先も道が凍ってるぞ?周りの登山客もこれ行けるの?とお互いの顔を見合わせます。そんな中、カップルで来ていた外国人の彼氏がさっきの凍っている壁を登ろうとチャレンジ。彼女はマジで?っていう顔でドン引きしてました(笑)

ここまで来たら、私も行ってやろうじゃないか!ということで壁をよじ登り、凍っている階段を滑らずに歩ける場所を見つけながら進んで行きます!!

どうやらさっきの所が一番の難所だったようで、そこを超えると道も少し氷が解け、普通の山道に。(一応山道w)

そして少し進むと視界の開けた場所に到着!

宿を出てから4時間ぐらいでしょうか。さすがにしんどくなってきた。ってか飲まず食わずがつらい!(笑)

岩肌になんか記念碑みたいなのが埋め込まれてる。よく分からないけど撮ってみた(笑)

おー!滝も良く見える!でかいなーー。

良く見ると滝の上に橋が架かってる。歩いてる人もいる。しかしネバダフォールの上まではさすがにもう無理と判断してここからの撮影で諦めました(笑)

しかし、ここに来てまたバーナルフォールまで0.6マイル(965メートル)の看板が。1キロ以内か・・・よし、頑張ろう!ということでさらに歩を進めます!!

ここからは少し下り坂が続き、少しずつ滝に近づいている実感が。そして運よく滝にかかる虹が!!

色を加工してみた。

先ほどの開けた場所から20分ほど歩いて、やっとバーナルフォールの上に到着ー!!

そしてそこに待っていたのはリスー(*”▽”)

リス×2ーー(≧▽≦)

どうやら、ここは登山客が休憩するため、食べ物のおこぼれを頂戴する為に、リスがたくさんいる様子。

そして朝にも見かけた青い鳥。この真下には先ほどの食べ物を持ったリスが1匹・・・

少し引いた画面がこんな感じ(笑)完全に狙ってますね( ̄▽ ̄)

徐々に距離を詰める鳥。リスはまだその様子に気付いていない。

あっ!気付いた(笑)

どうするかなーと思って眺めてたら、リスは無視してというか余計勢いよく食べだし、結局鳥は餌を奪えずに逃げて行きましたー。すみません。オチが弱くて(-_-;)

話はバーナルフォールに戻りまして(笑)ここでは滝つぼを上から眺めることができます。そしてまたもや運よく滝に虹が!

天気も良かったので、こんなにくっきりと虹がー(≧▽≦)

滝に流れる川も結構な水量。スローシャッターで遊んでみます。

さて、バーナルフォールも上から眺めたし、一休みを終えて(ここでランチなんてできたら最高だったのにw)戻るとしますか。というか戻りがしんどくて嫌になる(;´・ω・)

そして、てっきりこのトレッキングルート一本道で進んでいけば、一周して宿の方に戻ると思っていたのですが、ここからまた同じ道を戻っていかなければならないみたい・・・。お腹もつかな(笑)

帰りは体力が底を尽きた状態だった為、あまり写真は撮らず、しかし休憩はたくさん取りながら下山。時間も2時を過ぎていたので、気温が上がって氷が解けたため、道が良くなっており少しは楽でした( ̄▽ ̄)

そして、朝は凍っていたバーナルフォールへの道も解けて近くまで行けるようになってる!体力的に上り坂はきついけど、ここまで来たから行っちゃいます!

どーん!!

またしてもタイミング良く虹がかかっておりましたー(≧▽≦)しかも二重!!

ちょうど強い日光が当たるタイミングだったので、かなり濃い虹が見れました(*”▽”)

バーナルフォールにはもう少し近づく道があるのですが、この先は日光が当たらないため、まだ氷が解けておらず、ツルツル。ここはもう無理をせず、本日はここまでとして素直に引き返しました。

なんだかんだ、宿に着いたのが17時頃。11時間飲まず食わずで(しかも朝食も抜き)山登りはさすがに疲れました(;´・ω・)しかもこの日は重い方のバックパックで歩いたため、総重量は多分20キロ近かったはず(笑)

この日は寒さを忘れて爆睡するのでした(=_=)Zzz….明日はゆっくり起きて、ヨセミテ滝にチャレンジです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください