カナダ世界一周

ホーンブロワー・ナイアガラクルーズで滝修行( ̄▽ ̄)

フラッグスタッフから約60時間の大移動を終え、カナダのナイアガラフォールズに到着し、移動疲れからか昨日はぐっすり熟睡(=_=)おかげで今日は体調バッチリ!今日はナイアガラの滝に来たら参加必須と言っても過言ではない、「Hornblower Niagara Cruises」(ホーンブロワー ナイアガラクルーズ)に参加してきます!

まずは今回宿泊している「ハイ ナイアガラフォールズ ユースホステル」からナイアガラの滝を目指します。ここから滝が見えるダウンタウンまでは歩いて30分程。ナイアガラ川沿いに遊歩道があるので散歩がてら歩いて向かいます^^

先日アムトラックで渡ってきた橋。並行して走っているのは車用の道路。

ちなみにこの道路はネクサスカードというパスポートの代わりみたいなもの?を持っている人専用の橋らしい。

遊歩道沿いには綺麗な花。小鳥も何種類か見かけることができ、自然を感じながら歩けます。

川と逆サイドを見ると何とも立派な豪邸ばかり(◎_◎;)さすが世界遺産の滝の近くにはお金持ちが住んでるんだなーと思っていたら、この辺りの豪邸は観光客にホテルとして部屋貸しをしている家が多いようでした。

15分程歩くと見えてくるのが、こちらのレインボーブリッジ。お台場のレインボーブリッジとは一応無関係?みたいです(笑)ちなみにこの橋は徒歩で渡ることができ、歩いてアメリカとカナダの国境越えができます( ̄▽ ̄)

レインボーブリッジを通り過ぎると程なく、ナイアガラの滝が見えてきましたー(≧▽≦)おおー!想像以上に大きい!手前に見えているのがアメリカ滝とブライダルベール滝、奥に見えるのがカナダ滝。カナダ滝まではまだかなり距離がある(^^;

レインボーブリッジを超えた所にあるのがこちらの公園。ここからが本格的なナイアガラ観光スポットになります^^

ちなみにこの公園には噴水があるんだけど・・・ナイアガラの滝を前にするとあまりにもしょぼい(笑)まあ、比較するものではないんだけど。

そして、この公園の中に「Hornblower Niagara Cruises」のチケット売り場があります。上の画像のアーチの少し奥に見えるのがチケットブースなので、そこでチケットを購入します。日中のクルーズについてはチケット代金が25.95カナダドル(約2300円)でした。夜間のイルミネーションの時間帯のクルーズは少し値段が高くなるようです。また時期によっては花火が打ち上げられるようなのですが、その時のクルーズも高い価格設定になっています。

チケットを購入したら、ブースの後ろにある坂道を下ったところにエレベーターがあるので、それで下の階に織り、こちらの乗り場に向かいます。

進んでいくと、こんな感じの小さなゲート。くぐった先でチケットの確認があります。

チケットの確認とともに、このような赤いビニールのポンチョが配られます。これを着ないとびしょ濡れになるので、必ず着ましょう。濡れても良いなら別ですが(笑)

うちの相棒も赤くはないですがレインコートで耐水仕様に( ̄▽ ̄)

ちなみにこのクルーズツアーは15分毎に出ているみたいなので、それほど待つことなく乗船することができます。

船内には売店も( ̄▽ ̄)

デッキにはたくさんの人。

さあ、滝つぼめがけて出港です!

まずはアメリカ滝!近づくとすごい風と水しぶき(;´▽`A“しかも5月中旬とはいえ結構寒い!

滝は基本的に船の左側に見えるように運行されるので、船の左側または前方がおススメです!とは言えそれほど船内がぎゅうぎゅうな訳ではないので、その都度移動しても良いかと思います。

船の後方にはレインボーブリッジ。アメリカ滝とブライダルベール滝を超えたらカナダ滝に向かいます。

離れたところから見てもすごい迫力( ̄▽ ̄)水しぶきが滝よりも遥か高くまで登っています。

いったいどれぐらいの水量なんだろう?近づくにつれ轟音と強風が船を襲います(笑)

船の前方にいると左も右も滝!

もうここまで来るとレンズも水しぶきで濡れまくり。本体にレインコート着せてなかったらエライこっちゃです(笑)

レンズに水がついたせいで写真もイマイチ。何となく迫力が伝われば幸いです(;´▽`A“

無事に滝つぼ(ではないけど)より帰還( ̄▽ ̄)いやー、すごい迫力でした!そして足元はずぶ濡れ!

帰りはまたアメリカ滝を、今度は右側に眺めて船は船着き場へ。

ちなみにこのクルーズツアーはアメリカ側からも出ており、アメリカから出発する人たちはポンチョの色が青でした。青が好きな方はアメリカ側から参加してみては?(笑)

ナイアガラシャワー(?)を浴びた後は、船着き場にあるカフェで食事。この辺りは私の天敵ウミネコがいっぱいいるので、手に持っての撮影はやめておきました(笑)

帰り際に上から撮影したホーンブロワー号。滝に打たれてらっしゃーい(笑)

そして夕方には夕日に照らされた滝に虹がかかっていましたー(≧▽≦)

滝から虹が出てるみたい!帰り際に運良く虹も見れたことで、この日は気分よく宿に帰るのでしたー。

次回はナイアガラの滝の裏側を見れるというツアー「ジャーニー ビハインド ザ フォールズ」に参加してまいります!!

 

Hornblower Niagara Cruises(ホーンブロワーナイアガラクルーズ)まとめ

■乗船料金:デイタイム 25.95カナダドル(約2,300円)/イルミネーションツアー 35.95カナダドル(約3,200円)/花火ツアー 35.95カナダドル(約3,200円)
※花火ツアーのスケジュールについては要確認。
■乗船時間:約20分
■催行期間:4月1日~11月30日
■注意事項:ポンチョは借りられますが、結構濡れます。(特に下半身)タオルなどはあった方が良いでしょう。またカメラやビデオが防水でない場合は対策必須!
■公式HPhttps://www.niagaracruises.com/
※公式HPからチケットの予約もできますが、基本的に現地購入で大丈夫だと思います。
※運行スケジュールについては公式HPを参照ください。

最後に・・・このツアーに一眼レフカメラを持って行きたい方は防水対策が必須と書きましたが、私が使ったレインコートの告知を(笑)

UNのレインコートは結構優秀( ̄▽ ̄)レンズを出す部分にゴムが付いているのでしっかりレンズの先にフィットします。口径も77mmまではばっちりカバー。カメラに装着して自分もかぶって撮影できます。軽いしコンパクトにたためるので、おススメです!

以上、告知でした(笑)ではまた次回をお楽しみに!!

ホーンブロワー・ナイアガラクルーズで滝修行( ̄▽ ̄)” への2件のフィードバック

    1. ありがとうございます!さぼってた分これから頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください