地元のこと

倉田窯の蓮

日曜の夜明け前から、父とともに由利本荘西目にある倉田窯にお邪魔してきました。
こちらはその名の通り、倉田さんという陶芸家の方が構える窯で、敷地内に蓮の栽培をしており、蓮の花が見ごろを迎えると鑑賞会を開催してくださるそうです。

蓮の花は早朝に咲始め、昼頃には閉じてしまうそうで、ご覧になりたい方は早朝に出発することをおススメします^^

また、現地ではぬかるみのある池と朝露に濡れる草むらを歩くので、長靴は必携です!

倉田窯さんの入り口にある看板
倉田窯さんの入り口にある看板
敷地に入ると早速コンテナに植えられた蓮が迎えてくれます
敷地に入ると早速コンテナに植えられた蓮が迎えてくれます
進んでいくといくつかの池に沢山の蓮が咲き誇ります
進んでいくといくつかの池に沢山の蓮が咲き誇ります
朝日に照らされ美しい色を見せてくれます
朝日に照らされ美しい色を見せてくれます
光の中の蓮
光の中の蓮

枚数が多くなったので、フォトギャラリーでお楽しみください(笑)
画像をクリックすると拡大されます。

始めて気付いたけど、フォトギャラリーにするとメタデータも見れるんですね。気になる方がいたら参考までにご覧ください(笑)

以下はおまけのショット( ̄▽ ̄)

警戒心の強い猫が一匹(笑)
警戒心の強い猫が一匹(笑)
おまけのトンボ。色が珍しい。
おまけのトンボ。色が珍しい。

こうやって見ると、蓮と睡蓮って全然違うなと改めて感じました^^
今年は蓮の撮影もこれで終わり。

次はどこかのお祭りにでも繰り出そうかなー(ΦωΦ)

倉田窯の蓮” への2件のフィードバック

  1. いいねえ~田舎にはシャッターチャンスいくらでもあるね、今度はお盆大曲の花火等いい写真撮って行くまでに腕を磨いて

    1. そうですねー!次は横手の送り盆、西馬音内盆踊りを狙っています(^^)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください