メキシコ世界一周

いざ!メキシコへフライト(2017/5/20)

この記事を書いている2日前にメキシコで過去最大級の地震が起きたとのニュースがありました。現地で被災された方々には心からお悔やみを申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。また、ご心配のメールをくださった皆様、ありがとうございました!私は現在、アルゼンチンのブエノスアイレスから記事を書いておりますので、幸い地震に巻き込まれることもなく、元気にしております。

さて、ここからが今回の記事になります!(今回は文字が多いです。読みにくかったらすみません!)

約2か月のアメリカ滞在を終え、次に向かうはメキシコの首都、メキシコシティ。ジョン・Fケネディ空港からLCCのインテルジェットでフライトです。

移動日は本当に荷物が重い( ;∀;)そして、この日は宿からメトロを乗り継いで空港まで向かったのですが、その中でちょっとしたトラブル(T_T)

少し混んでいたメトロの中、メインバックを背負い、カメラバッグは足元に挟んで置いていたのですが、電車に揺られた時に後ろに立っていたごつい黒人にちょっと荷物がぶつかった感触がありました。そのため「I’m sorry」と一声かけたのですが、それが気に入らなかったのか、こちらの発音が悪かったのか、「お前何言ってんだ?」みたいな感じで絡まれてしまい・・・。相手はどんどん顔近づけてきて、睨んでくるのですが、こちらも狭い車内な上に足元にカメラバッグを置いてしまったため動けないし、とにかく謝り続けたのですが、聞く耳持たず。周りの客も助けてくれる人もなく、これはどうしたものかと思ってたのですが、その黒人が降りる駅が来たらしく、最後は私を両手で思いっきり突き飛ばして降りていきました。逆に引きずり降ろされたり、銃とかが出なくて、不幸中の幸いの出来事でした(;´∀`)

そして、メトロを乗り継いで空港に向かうのですが、この乗り換えがまた分かりにくい!マンハッタンまたはブルックリンから空港にメトロで向かう方の為に、私が迷ったポイントを説明しておきます。

ニューヨークメトロのマップはHPからPDFをダウンロードできるので、事前にスマホなどに入れておくと良いかもしれません。【メトロマップ】

ちなみにメトロのマップはこんな感じ。の線を利用してJamaica Center駅に行ける場合はは終点の一つ前で降りるということを間違えなければ、空港行のAIRTRAIN JFKに乗り換えしやすいと思います。問題はの線を利用する場合。の線はで囲まれたAで囲まれたAがあり、空港に行くためのAIRTRAIN JFK に乗る為にはで囲まれたAに乗車しなければなりません。

ちょっと地図を拡大しました。Aの線は赤い印のあるRockway Blvd駅で空港方面のHowerd Beach行きOzone Park行きに別れます。ここで間違うとまた戻って乗り換え・・・となってしまうので、気を付けましょう。

そして、無事に緑のをつけたHowerd Beach駅に到着して、また一苦労。ここから空港のターミナルを巡回するAIRTRAIN JFKに乗り換えるのですが、この乗り換えでも面倒ごとが。メトロから空港線に乗り換える改札を通ろうとしたら、ここからはメトロの乗り放題区域を超えるので5ドルが追加で必要とのこと。ここでカードに5ドル以上のチャージがあれば良かったのですが、アメリカ最終日の為、ギリギリにしておいたのが仇となり(-_-;)それならばとチャージしようと思ったものの、5ドル札がなかったので20ドル札でチャージしようと思ったら、お釣りが出ないだと・・・ならばカードで支払い、と思ったら今度はエラーで買えない。
駅の構内にはキオスクもなく、駅員も両替できないという。仕方ないので、一度駅を出てコンビニでジュースを買って20ドル札を崩すことに。
そしてまた駅に戻ろうとしたら、今度はエスカレーターもエレベーターもないじゃないですか!空港に向かう人って大抵大荷物なのに、空港とのハブになっている駅にエスカレーターがないって(# ゚Д゚)仕方ないので、重い荷物を背負いながら3階分階段で登りました(;’∀’)

メトロで空港に向かう方はカードに5ドル分はチャージを残しておきましょう!

空港に着く前に、色んなトラブルのおかげで、もうクタクタです。無事に空港に着いた後も、事前に調べていたターミナルが違っており、係員に聞いたら「ターミナル7」と言われたのが「トゥモロー7」と聞き間違えて、「えっ?出発時間が明日に変わったの?」と勘違いしてしまう始末。

本当にニューヨーク滞在中は体調悪いし、最後まで波乱万丈でした(;´・ω・)紆余曲折ありながらも無事ターミナル7に到着。

他のターミナルを歩いた訳ではないので分からないけど、ターミナル7はかなり小さな印象。

そして私が乗るインテルジェットは安いだけあって、一番端っこにカウンターがあります。他のチェックインカウンターから離れているので、少しわかりにくいです。たくさんあるチェックインカウンターを見て一番右端を目指せばOKです。

そして、ここでまた誤算の出費。手荷物が重量オーバーとのことで25ドルも取られました(=_=)他の航空会社では大丈夫だったのに。チケットを買う時にちゃんと確認すれば良かった・・・。最後の最後までうまく行かない!

その後は何事もなく、無事に飛行機に搭乗。さすがLCC、狭いです!

約5時間のフライトを経て、無事にメキシコシティに到着!ここからはいよいよスペイン語圏に入ります。英語も大してできなかったのに、さらに分からない言語になる不安と、新しい国に到着した期待感が良い感じ( ̄▽ ̄)

この日のフライトは朝4:50にメキシコに到着したので、少し明るくなるまで空港で待機。セブンイレブンのサンドイッチでまずは腹ごしらえ。メキシコの通貨ペソにも慣れておかないと!

セブンイレブンの前でサンドイッチを食べ、スマホの充電をしていたのですが、フリーWi-Fiの電波が悪かったので、電波を探しがてら移動することに。

最終的にはこちらのDゲートの柱周りが電波が良さそうなうえに、コンセントもあるので、ここで時間を潰すことにしました( ̄▽ ̄)

メキシコシティの空港で時間を潰すかたは、こちらのvolarisのカウンターを目指すと良いと思います。

ある程度時間を潰し、外に出ても安全な時間になったら宿に向かって移動開始。宿まではメトロを使います。

メトロの入り口は空港を一度出て、左側に道沿いに歩くとバスターミナルを超えたあたりに見つけることができます。

メトロの乗車券はこのようなチケットブースで、中にいる係員に5ペソ(約30円!安い!)渡すとチケットを受け取ることができます。5ペソでどこまでも乗車することができるようです。

こちらが改札。ENTRADAが入口になります。

改札近くにこのような表示があるので、行先も分かりやすく調べることができます。

地下鉄のホームも想像していたより綺麗!

最寄り駅のHospital Generalから歩いて今回の宿泊先「メトロ ホステル ブティック」を目指します。途中KUMONの看板を見かけて、ちょっと嬉しくなり。(習ったことないけど)

そしてこちらが「メトロ ホステル ブティック」の入口。うん、分かりにくい( ̄▽ ̄)

建物の角でフルーツを売っているおばちゃんが目印・・・にはならないよな(;´・ω・)GPSが使えれば分かるかもしれませんが、ない場合は住所で見つけ出すしかなさそうです。

そしてドアの左側にある、この金属。これがベルになっています(笑)これまたわかりにくい!これを押すとフロントの人がドアを開けに来てくれます。

外観を見てどうなることかと思ったけど、中に入ったらとてもオシャレな感じのホステルでした!コンテナを積み上げて作ったデザイナーズホステル(?)みたいな感じ。

ベッドルーム。1段目と2段目が結構広く開いているので、1段目の人はラッキー。ちなみに私は2段目(T_T)

大きめのロッカーが付いているので、貴重品の管理も安心。

こちらはキッチン。洗い物はできるけど、料理するスペースはありません。

朝食はパン、フルーツ、コーヒー、紅茶が付きます。フルーツが美味しい!

キッチン内で食べるスペースは狭いのでオープンテラスで食べると気持ちも良いです。ただ、メキシコシティは空気が悪そう(=_=)

こちらの「メトロ ホステル ブティック」はシャワールームも各階にあったり、Wi-Fiも屋上のテラス以外は電波が良かったので、非常に快適に過ごすことができましたー!

Metro Hostal Boutique

■料金1泊:1262円~/1名
■施設
・コンセント→あり(各ベッドにあり!)
・ランドリー→あり(有料)
・無料Wi-Fi→あり。結構安定しています。
・シャワー→あり。(バストイレ別、温水バッチリ、バスタオル無料貸し出し。シャンプーなどは未設置)
・買い物→スーパー等は未確認。近くに屋台がたくさんあるので、スーパーは必要ないかも?
・その他→朝食付き。チェックアウト後も荷物預かりサービスあり。

 

この日は宿に到着して、とりあえず一休み。次回はメキシコシティの街歩きの様子をお届けいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください