コロンビア世界一周

ボゴタの街歩き

1週間のスペイン語留学の合間を縫って、南米のアテネと称されるボゴタの街を歩いてきました^^ボゴタの観光は大きく分けて旧市街と新市街の二つに分かれます。今回の記事ではこの二つを一気に紹介していきます!

まずは綺麗なショッピングモールや映画館、レストランなどが立ち並ぶ新市街、チャピネロ地区の北部から。

道路もしっかり整備されていて、歩いている人も都会らしい感じ。スーツ姿のビジネスマンも見かけます。

こちらは新市街の中心にあるショッピングモール「ANDINO」

中はエスカレーター、エレベーター、冷房完備で快適!さすが首都です( ̄▽ ̄)

映画館も隣接しており、建物がモダンな感じ。

このショッピングモールの周囲を歩くとアパレルショップやら雑貨屋、レストランなどが立ち並んでいます。

レストランはちょっとオシャレそうな店ばかり(;´Д`)

バックパッカーの貧乏旅にはあまり縁のない場所だなーと、早々に別の場所に移動しちゃいました(笑)

ところ代わりこちらはインデペンデンシア公園。BOGOTAのオブジェがシンボルになってます。この公園からさらに南に下ると旧市街地に向かっていくことになります。

公園の奥に見えるのはモンセラッテ山。ケーブルカーを利用して山頂の展望台に行けるらしいのですが、私は残念ながら行かず。

カレーラ10通りを真っすぐ南下していくと、色々なお店が立ち並んでおり、お土産屋もいくつか見つけることができます。こちらの「Centro Colombia de Artesanias」はお土産屋が集まったショッピングモール的な建物。


モラ(と思われる)柄や民族模様っぽいバッグがあったり

こちらもモラっぽい柄の靴があったり

お土産の定番、木工品やアクセサリーなど色々なものがあるので、お土産探しにはピッタリ!

歩いてお腹が空いたので、こちらのチョリソー屋で腹ごしらえ。

一つ2500COP(約97円)でこちらの辛いソースを掛けていただきます(ΦωΦ)

店のおっちゃんにリコ!(美味しい)と伝え、再び歩き出します。

そしてこちらが旧市街の中心、ボリバール広場。奥に見えているのは国会議事堂。

ボリバール広場の東側に面しているのが「La Cathedral  Primada」という大聖堂。

私が行った土曜日はたまたまミサ?が行われていました。

この辺りはコロンビアの政治の中心でもあるため、このような機関銃を持った兵士の方々が警備しています。写真撮っても良いか尋ねたら、意外にも快諾してくれました( ̄▽ ̄)

個人的には新市街よりも、こちらの旧市街の方が歩き甲斐があって好きでした!

ボリバール広場の北東にある丘を少し登ると、ボゴタのアーティストがウォールペインティングを施したショップが立ち並ぶエリアがあります。

この一角は普通のお土産屋では見つからない、ボゴタアーティストのオリジナルアイテムがあったりするので、雑貨好きにはたまらないかも( ̄▽ ̄)

カラフルな雑貨がいっぱい!

ボゴタ在住のイラストレーターのお店。ステーショナリーがイケてました。

あ!インスタ映えの壁(笑)

少々治安が悪そうなところもあるので、一人歩きには気を付けましょう。

様々なウォールアートがあるので、歩いていても飽きません。

ウォールアートを撮っていたら「俺たちのことも撮ってくれ!」ということで地元の若者たち。

そして、今回ボゴタで一番気になっていた、こちらの建物。「Santuario Nuestra Senora del Carmen」通称「聖母カルメン教会」。赤と白のストライプの外観もオシャレですが

内観はそれにブルーがプラスされて、独特な色調!!

それほど大きな教会ではありませんが、写真映えする教会です(≧▽≦)

天井のドームも色使いがカワイイ。

ドームの中央には鳩?天使?が。

教会好きにはなかなかたまらない場所ですので、ご興味ある方はぜひ足を延ばして見てください!

帰り道にふと気づいたこと。招き猫って世界中どこでもあるんですね(ΦωΦ)

最後に今回ボゴタ滞在中に宿泊していたホステル「hostel Washu Washu」のご案内を!

何よりもこのホステルの素晴らしい所はゴールデンレトリバーのマテオ君がいるということ!人懐こくて、賢い看板犬です(*”▽”)

こちらのフロントでチェックイン手続きをします。

フロント前に無料のロッカーがあるので、外出の際の貴重品などはこちらに入れることができます。(鍵は各自持参)

こちらはキッチン。あまり広くはないので自炊には向かないかも。

リビングルーム。向かい側にテレビがあってDVDも置いていました。

中庭の向こう側にはホステル内のBARがあります。

中庭から見える空(曇ってるけどw)とウォールアート。

と、部屋の写真を撮り忘れていました(笑)ベッドルームも広くて清潔感がありました。シャワーはお湯は出るけど、水圧はイマイチ、といった感じでしたー。

Hostel Washu Washu

■料金1泊:918円~/1名
■施設
・コンセント→あり(部屋の入り口部分)
・ランドリー→あり(有料)
・無料Wi-Fi→あり。結構安定しています。
・シャワー→あり。(ユニット式、温水出るけど水圧弱、バスタオルなし。シャンプー未設置)
・買い物→スーパー等は未確認。近くに屋台がたくさんあるので、スーパーは必要ないかも?
・その他→朝食付き。チェックアウト後も荷物預かりサービスあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください