アメリカカナダ世界一周

アムトラック移動(フラッグスタッフ→ナイアガラフォールズ)カナダへ

グランドキャニオン、セドナ、アンテロープキャニオン、etc…見どころが盛りだくさんだったアリゾナ州を後に、アムトラックで一気にアメリカ大陸を横断、カナダ側のナイアガラフォールズを目指します!

フラッグスタッフからアムトラックに乗り、ナイアガラフォールズまでは乗り継ぎ含め約60時間。本当は途中下車して立ち寄りたい所がいくつかあったのですが、ここまでの旅を少しゆっくりしすぎました(笑)

フラッグスタッフのアムトラックステーションは今回宿泊していた「Grand Canyon International Hoste」から歩いてすぐ、5分もかからない距離。(これはありがたい)
フラッグスタッフ発が早朝の4時37分だったので、ホステルをチェックアウトしてリビングで夜中の3時まで時間を潰させてもらいました(笑)
※グレイハウンドで移動する場合、ホステルから午前中は無料送迎してくれるみたいです。

朝焼けの風景にアムトラックが到着。「Southwest Chief」という線で、これでフラッグスタッフからシカゴまで一気に進みます。乗車時間は約35時間・・・長い(笑)。でもアムトラックは中が広いし、食料を買ってカフェ車両に移動したりもできるので、そんなに苦にならないです。

この日のアムトラックは到着が1時間遅れ、出発したのが朝5時半過ぎ。さすがに眠かったので乗車してすぐに寝てしまいました(笑)

9時頃に目が覚めて、行動開始。「Southwest Chief」はWi-Fiが入らないみたいなので、昨日までの写真をPCで編集作業。大量の写真があるので、時間がかかるー(-_-;)

ある程度作業をしたところで、お腹も空いてきたので、ランチを取ることに。アムトラックに乗ると車窓を眺めながら食べれるので、ついついビールを飲みたくなる。ということでチーズバーガーとハイネケン!

なんだかんだ写真を編集していたら、あっという間に10時間( ̄▽ ̄;)再びお腹が減ったので、晩ご飯のピザ!とハイネケン(笑)飲みっぱなしかよ!という声が聞こえてきそうですが、電車の車窓とビールの相性が良すぎるのでご勘弁を。

ご飯を食べた後、Trinidadという街を通った際の夕焼けがとてもキレイでしたー!

 

iPhoneで動画も撮影してみました。時々アップルのマークが窓に反射して見えていますが、ご愛敬で(笑)

しばらく車窓を楽しんだあと、再び写真編集でPCと向き合います。結局23時頃までかかったので、寝ようと思い、カフェ車両からコーチシートに戻ったのですが、隣の兄ちゃんが2席占領して寝ていたので、カフェ車両で寝ることに(笑)

朝4時半頃に目が覚め、外を見ると今度は美しい朝焼け。全力で車窓を楽しみました( ̄▽ ̄)

朝焼けと朝食&コーヒー。本当はサンドイッチとかを食べたかったんだけど、売り切れでチーズバーガーしかないと言われ( ゚Д゚)朝からヘビーなチーズバーガーをいただきました(笑)アムトラックのハンバーガーはあんまり美味しくない。

朝食後、ずっとカフェ車両で編集作業をしていたのですが、途中でめっちゃかわいい子供が興味津々にPCを見てきました。この子はアーミッシュの一家の子、メノ君。結局この後ずっとおしゃべりをしていました(笑)

列車は途中、ミシシッピ川を渡ります。ちょっと画像は悪いですが、この橋は船が通る時に180度回転して船が通る道を作るらしい。

メノ君との会話を楽しみながら列車は走り続けます。当初の予定ではシカゴ到着が午後3時15分だったのですが、列車はまさかの6時間遅れ(笑)あっという間に二度目の夕方( ̄▽ ̄)

会話に夢中でどこを走ってるのか良くわかりませんでしたが、本当に綺麗な夕日。

結局シカゴに到着したのが午後9時。
本来なら午後3時15分にに到着して午後9時30分発のバッファロー行きのアムトラック「Lake Shore Limited」に乗り換え、という予定でしたが、まさかの6時間遅れで余裕が15分しかなく(まあ、間に合って結果的には良かったけど)、すぐに次の列車に乗り込むのでした。
(時間がギリギリだったので写真撮れず(T_T))

 

Lake Shore Limited」は少し小さめの車両で1階建ての編成。出発したのが夜だったこともありすぐに眠りについてしまいました。そして、朝ふと目覚めた景色がまた綺麗な朝焼け!再びiPhoneで動画を撮影するのでした( ̄▽ ̄)
※途中から横で撮影したのですが、YouTubeだと自動で回転せず・・・見づらい動画になってしまいました(;”∀”)

そして列車は走ること約12時間。今度は遅れることなくバッファローの駅に到着!

バッファローの駅で次のアムトラック「Maple Leaf」を待ちます。その時間7時間・・・長い(笑)

結局お腹も空いたし、バッファローの街を散策するかーと思い歩き始めたけど、駅の周りに何もない(◎_◎;)重いバックパックを背負い、かれこれ1時間ぐらい周りを歩きましたがレストランはおろか、スーパーやコンビニを見つけることもできず断念。

結局大人しく駅の中で写真の編集作業をしていました(笑)駅の待合室にはスナックの自動販売機があったので、それで空腹をしのぎました。ちなみにコンセントもありますので、スマホなどの充電も可能です!

ほんとに、周りには何もありません・・・。かれこれ7時間を過ごし、無事次の「Maple Leaf」に乗り込むことができました。(これが遅れて来なかったのが幸いw)

バッファローからカナダ側のナイアガラフォールズまでは1時間40分ほど。出発して1時間30分ほどでこのナイアガラ川の橋を渡りカナダ側への入国となります。

橋を渡って10分程度で列車はナイアガラフォールズの駅に到着。ここで大事な入国審査が行われます。列車の中で入国カードが配られるので、事前に記入しておきましょう!

「Maple Leaf」はトロントまで延びているのですが、トロント行きの乗客も一度このナイアガラフォールズで下車させられ、入国審査を行います。係員が誘導してくれるので、人の列について行けばOKです!入国審査もアメリカほど厳しくありませんでした。聞かれたことは 滞在目的・宿泊先・滞在日数 の3項目だけ。

無事入国審査をパスしたら、そのまま出口へ向かいます。(トロントまで行く人は列車に戻ることになると思います)

ナイアガラフォールズの駅は周辺を見渡しても何もない、ちょっと寂しい場所にあります。おそらく列車の時間に合わせてタクシーが何台か待機しているので、駅から遠い場合はタクシーかバスを利用するのが良いと思います。

幸い、私が今回予約していたホステル「ハイ ナイアガラフォールズ ユースホステル」(長い名前w)は駅から歩いて10分程の場所だったので、徒歩で辿り着くことができました^^

フラッグスタッフを出発して約60時間(^^;無事にナイアガラフォールズに到着することができました。この日は少しゆっくりし、翌日からナイアガラの滝の撮影に出かけてまいります。!世界三大瀑布の一つ、ナイアガラはどんな素晴らしい景色なのでしょうか(≧▽≦)期待して眠ることにいたします!

 

【今回の移動まとめ】

Amtrak(アムトラック)

■トータル所要時間:約60時間
■運賃:372ドル(コーチシート)
■乗り継ぎ:合計2回
①Southwest Chief(サウスウェスト チーフ)
乗車駅:フラッグスタッフ(4:37AM発)
下車駅:シカゴ(3:15PM着)
※実質乗車が1時間遅れ、最終的な到着は6時間遅れ。
②Lake Shore Limited(レイク ショア リミテッド)
乗車駅:シカゴ(9:30PM発)
下車駅:バッファロー(8:46AM着)
③Maple Leaf(メープル リーフ)
乗車駅:バッファロー(3:11PM発)
下車駅:ナイアガラフォールズ(カナダ)(4:58PM着)

※カナダ入国に際し、パスポート必須。
※出入国カードは列車内にて配布。
※トロントまで行く方もナイアガラフォールズで一度下車が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください